【高級デリヘル】先人たちに学ぶ高級デリヘルの遊び方。体験談多数掲載のサイト | 高級デリヘルはこんなにも素晴らしい

高級デリヘルはこんなにも素晴らしい

近年稀に見るお尻と出会った

薄着の服からでも彼女の、アユミちゃんのスタイルは良く分かった。すべてが大人しい感じの性格と身体つき、興味を持ったのは小振りなお尻だった。ぱっつんぱつんのスカートにかたどられたお尻のラインに釘付けに。アユミちゃんの上半身は別に特出した部分は無い、ただ綺麗な身体だった。問題は下半身、しかもお尻。色白肌のもっちりしたお尻はもうすぐに顔を埋めたかった。シャワーを一緒に浴びたとき、彼女に後ろを向くように要請。「え? わっ、分かりました……」と壁に手をつき、こっちにお尻を向けるアユミちゃん。これはチャンスだと、彼女のお尻の谷間に顔を埋めた。彼女の口から驚きと焦りの声が聞こえた。彼女のア○ルを舐め、そしてク○ニを始めた。舌でア○ルを舐めて、指で秘部の弄ぶ。シャワー室にアユミちゃんの喘ぎ声が響きます。膣口からは愛液が溢れ出し、彼女の身体を支える足は震えていた。もうこれはこっちもヤるしかない、と思った瞬間。普通のデリヘルではなかなかお見えできない、高級デリヘルならではのお尻でした。

そこから先は言えないな

高級デリヘルで出会った彼女の身体は色白肌でもちもち。たわわなおっぱいの上には淡いピンク色の乳首が乗っており、Eはあるであろう形の良いおっぱいは良かった。胸元から腰へ、そして足へと続くボディラインは見事なもの。凄く綺麗な身体でした。どうやらタカナさんは責めるのが好きなようで、その彼女の言葉を信じることに。洗ってもらっている最中、あっちからの責めが始まった。おっぱいを押し付けての背中洗浄、その間前へ手を回してのハンドサービス。もうそれだけで立っている事ができず、その場にへたり込んでしまった。お風呂の縁に座り、彼女からの奉仕に身を委ねる。こっちの膝上に乗り、向かい合う形に。「おっぱい、舐めて」と言われ彼女の豊満な胸を舐めた。乳首に舌を這わせていると徐々に乳首が硬くなっていた。おっぱいを揉みながらの乳首攻め。彼女は身を揺らせながら喘ぎ声を漏らしていた。こっちも勃起する。勃起したペ○スの先端が秘部に当たる。挿入はしなかったが、そこに擦られるだけでも十分。この入るか入らないかというギリギリ感が堪らない。そんな勃起したペ○スにタカナさんも気づいたらしく……。ここから先は極秘事項です。

ぜひとも挟んでもらわなければ

胸の形には文句無し。程良く大きく膨らんだ乳房には目が奪われた。その上にある乳首や乳輪も乳房にピッタシで美しい。大抵巨乳だと乳輪がバカでかい事が多いが、ミユちゃんの乳房は本当に綺麗だった。これが高級デリヘルの性能なのか。これは是非とも挟んで貰わねば、と一緒にシャワーに。「加減はどうですか?」と、泡立てたボディで背中を優しく洗って貰う。そして彼女の身体が目の前に来ると、さっそくお願いした。すると彼女はにっこり笑顔で、おちん○んを泡まみれの大きな乳房で挟んでくれた。上下に動く度に谷間から顔を出し、うれしそうなおちん○ん。滑りも良く、乳房の柔らかさに包まれた感触は文句無し。目線を送りながら加減を聞いてくるミユちゃんは可愛い。今度はこっちが乳房を寄せてセルフパイ○リを始めた。彼女の開いた口に先端が入るように動く。こっちばかりが気持ち良くなって悪い、という罪悪感が生まれ彼女を立たせて後ろから彼女の身体を楽んだ。

リンク